スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝臓の数値に問題あり!

我が家のあんちゃんとあんでぃくんはご夫婦なのですが・・・
今年で10歳です。
先日血液検査をしたときに肝臓の数値が非常に高くなっていました。
あんちゃんはレントゲンをとったときに
肝臓にちょっとした影があって、腫瘍とかではなく
恐らく何らかの炎症・・・との事。


獣医さんからが食事制限。
そしてお薬の服用を2ヶ月間続けてください・・・
と、言われてしまいました。


ジェモセラピーをお薬開始と同時に併用してみようと思い立ったのですが
まずはお薬と食事で2ヶ月間を過ごす事に。


まもなく再検査なのですが
頑張って飲み続けたお薬の効果が見えている事を期待します!


この子達は肝臓が弱いとわかった今
その後もきちんとケアをしていきたいと思います。


今度は食事制限とジェモセラピーのコモンジュニパーを考えています。


コモンジュニパーは肝臓と腎臓に作用します。
体内の毒素を分解して排除する臓器の働きを助けてくれます。
そして、肝臓の炎症を防ぐ効果もあるとされています。
腎臓に対しては利尿の効果があるようです。



K0010024.jpg



ジェモセラピーとは?

ジェモセラピーは、近年、世界で人気を集めている新しい自然療法です。
ジェモセラピーは、ハーブとホメオパシーの中間に位置しています。


Gemmoは、ラテン語で新芽という意味です。
ジェモセラピーは,ベルギーの医師による植物の芽に関する研究に始まり
その後、フランスを中心とするドクターホメオパス達の臨床調査を通して
1970年代になってようやくひとつの療法として確立しました。


ジェモセラピーのレメディは、樹木の蕾や新芽から作られます。
原料となる胚芽部分には、樹木の幹細胞が含まれてます。


ここは動物でいうと胎児に相当し
花や葉、樹皮など、樹木の全てを作る細胞が存在しています。
胚芽には、ジベレリンと呼ばれる成長ホルモンが含まれており
蕾や新芽が成長していくエネルギーが凝縮されています。


ジエモセラピーのレメディは主に身体レベルで作用します。
臨床的にさまざまな状況で利用することができ
他のセラピーの優れた補完的アプローチや、現代医療との併用も可能です。


ジェモセラピーのレメディには
主にドレナージュ(排出)としての作用とデトックス(解毒)としての作用があります。
ドレナージュの働きは、自然の排出器官(肺、肝臓、腎臓、皮膚など)を通して
体内に蓄積された代謝性老廃物を放出することです。


また、ジェモセラピーのレメディは、豊富な栄養分としてビタミン・植物細胞・植物ホルモン・酵素を含みます。
それらの働きにより、さまざまな臓器を癒しその働きをサポートします。


より詳しいお話は
こちらからご覧いただけます。

向精神薬や睡眠薬の処方を制限

こんなニュースを見つけました。

**********

厚生労働省は新年度から
抗不安薬や睡眠薬などの向精神薬を数多く処方した場合
診療報酬を原則認めない仕組みを導入することを決めた。

薬物依存や重篤な副作用を防ぐ狙いがある。

新ルールでは、外来診療で服薬管理などをする際
抗不安薬か睡眠薬を3種類以上
または、統合失調症の治療に使われる抗精神病薬か
抗うつ薬を4種類以上、1回で処方した場合
診療報酬を請求できなくし、処方箋料も減額する。

また、入院患者に、副作用が少ないとされるタイプの抗精神病薬を処方する場合も
2種類までしか加算できないように改める。

抗不安薬や睡眠薬としてよく使われるベンゾジアゼピン系の薬剤は
使用し続けると薬物依存になる危険性がある。

**********

以上が今回注目したニュースです。


螟ェ髯ス_convert_20130102175013


心の病には色々な種類があることをご存知ですか?

大きく分けると
精神科領域の病気とそうではない神経症領域の二つです。

いずれも
お薬を使った治療とカウンセリング等の治療が必要になってくるのですが
お薬に頼ってしまうのが現状のようです。

薬物療法は必要な治療です。
でもこのお薬を使った治療には大きくて深い問題が潜んでいます。
その問題を解決する策として
今回のニュースのような仕組みを導入する事になったのだと思います。

*******

精神科や心療内科に通っておられる方・・・
お薬が増え続けていると感じたら
セカンドオピニオンや転院を視野に入れても良いと思います。
行動を変えるには少しエネルギーが必要だけど
一度治療内容や方針を見直してみる事も大切だと思います。






嬉しい|わたしを見つめて舌をペロ~ン♪

口をゆるめて口角を上げて、舌を出すしぐさ。
これはわんこさんの笑顔そのものです。
Sep30_1455_1_201402251558262af.jpg
ちょっと例外ですが、寝たきりからようやく起き上がれた時の笑顔です。


****


お出かけしていた飼い主さんが帰宅して
ひとしきり喜びの舞をした後に
お座りをして、こんなお顔で見つめられる事ありますよね。


お散歩の後や、大好きなおもちゃで遊んで大満足で
「充実してます♪」という気持ちを表しています。


その気持ちを伝えたくて
キラキラした瞳で飼い主さんをじっと見つめる事が多いようです。


でも、おおはしゃぎした後に
舌を出しながらはぁはぁ荒い呼吸をしたるときは
体温調節をしながら休憩しています。
そんな時は落ち着くのを待ってあげましょうね。
ちょっと目がマジ・・だったりします(笑)


カウンセリング

Yumiです!

このブログの左側にバナーがありますが
カウンセリングを開始しました。

メールや電話でお話を聞かせていただいて
ぴったりのレメディを一緒に考えます。

レメディを試すのは強制ではないですが
「このレメディを試すと楽になれるかも」思ったときには
ご紹介させてもらってます。

ただいまキャンペーン中です。
良かったら内容を見てみてくださいね。

******

いざ・・・という時の駆け込み場所にしてもらえると思います。
気持ちがこんがらがってしまったら連絡してきてください。
一緒にほどいてみましょう。

待ってますね。






プロフィール

むらたゆみ

Author:むらたゆみ
bach flower remedy とは16年前に出会い、2002年に国際教育プログラムレベル2まで取得しています。
以来、人に為、わんこの為にレメディを傍に置いて生活しています。お役に立てるようでしたら、気軽な気持ちで連絡くださいね。

セラピー紹介

ホリスティックケアセラピスト/リラクゼーションセラピスト

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。