スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッチフラワーレメディの好転反応!

ここ何件か続けて問い合わせのあった「好転反応」について、改めて書いてみたいと思います。
「好転反応」とは、ご存知の方も多いかと思いますが、
良くなる過程で、一時悪くなったり、逆戻りした様に感じる状態の事です。

バッチフラワーレメディをお使い頂いている方の中にも稀に「好転反応」を
体験する方もいらっしゃいます。

今までになく感情が激しくなったり
辛い感情がわいてきたり、
気分が不安定になったり、
何もやる気が起きないという状態になられる方もいらっしゃいますし
眠くて仕方ないとか、おトイレが近くなったとか身体に現れる方も見受けられるようです。

バッチフラワーは身体症状に直結しませんが
眠る必要があったり、老廃物を排出する必要がある場合にこのような現象があるのかもしれません。

好転反応は、今まで溜め込んだり、見ないようにしていたりした感情を
手放す為に表面に現れてくる状態です。
本来不要な感情や思考とも言えるでしょうね。

このような状態はさほど長くは続かず
出ない方もいるし
3日位で納まる方もいますが
通常は10~2、3週間続くようです。

好転反応がおさまれば、その前より良い状態に落ち着く方がほとんどです。
隠れていた感情、抑えていた感情が現れます。
でも、この感情は不要なのです。いつまでもタメテたって何も良い事ない感情です。
それは、事実とは異なった思い込みであったり、刷り込みであったり・・・します。
その感情を手放すお手伝いをするのがバッチフラワーレメディです。

ただ、好転反応があまりにキツイと感じる場合は
環境や状況の変化に対応できるよう、ウォルナットを飲んだり
レスキューレメディを飲む事をおオススメしています。
もちろん、一旦レメディを飲まないようにしても良いのです。
苦しかったら、飲まない選択、アリです。

ただ・・・好転反応がでたという事は
感情にあったレメディを選んだとも言えるでしょう・・・
ですからこの機会にその感情を十分に感じて、おさらばしてしまうの事も1つの選択だ思います。
バッチフラワーレメディは、合っていなければ何も作用しないものですから・・・
今まで溜めていた感情を浄化している! と思って、
好転反応が通り過ぎていく事を前向きにとらえていただければと思います。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むらたゆみ

Author:むらたゆみ
bach flower remedy とは16年前に出会い、2002年に国際教育プログラムレベル2まで取得しています。
以来、人に為、わんこの為にレメディを傍に置いて生活しています。お役に立てるようでしたら、気軽な気持ちで連絡くださいね。

セラピー紹介

ホリスティックケアセラピスト/リラクゼーションセラピスト

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。